2022年度 日本情報科教育学会(JAEIS)第15回全国大会

開催概要

大会テーマ:Society 5.0の新しい情報科教育に向けて
日程:2022年7月2日(土)・3日(日)
会場:大阪学院大学(新型コロナウィルス感染拡大の状況によってはオンライン開催に切り替え)
問い合わせ先:taikai@jaeis.org

お知らせ

  • 2022年5月4日:大会Webサイトを公開しました.
  • 2022年5月24日:本大会は,現地会場での対面開催とします(新型コロナウイルス感染が急速に拡大した場合はオンライン開催に切り替え).発表者および参加者は,大阪学院大学までお越しください.

大会趣旨

我が国が目指すべき未来社会の姿として,第5期科学技術基本計画において“Society 5.0”が提唱され,2020年4月から実施される学習指導要領に沿って小・中・高等学校での新しい授業が始まっている。小学校では「プログラミングの体験」をすること,中学校では「計測・制御やコンテンツに関するプログラミング」を行うこと,高等学校では「情報科の目標や育てる資質・能力など発達段階に応じた情報活用能力の育成」を目指している。また,高等学校学習指導要領の改訂ポイントでは,小・中・高等学校においては,学習基盤としての資質・能力(言語能力、情報活用能力、問題発見・解決能力等),現代社会の課題へ対応できる資質・能力の育成のために、教科等横断的な学習の充実が重要となり,各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立が求められている。加えて,情報科の科目を再編し、全ての生徒が履修する「情報Ⅰ」を新設することにより、全ての生徒がプログラミング、情報セキュリティを含むネットワーク,情報デザイン,データベースの基礎的内容の必修化および,データサイエンス等に関する内容の充実が,重要事項として挙げられている。

新しい高等学校学習指導要領では,「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を介して,学習の基盤となる資質・能力の育成を目指すとともに、プログラミングやデータサイエンスなど専門性が比較的高い内容も指導するとされている。また,AI,ビックデータ,IoTに対応できる人材の育成を目指し,プログラミングをはじめとするSTEAM教育が小学校の学習フェーズから導入され注目されている。

新しい高等学校学習指導要領に基づいた情報科の授業では,どのような内容を,どのように教えるかをしっかり把握し,適切適量な教材および評価が大切である。また,令和7年度入学者選抜における大学入学共通テストに「情報」が加わることが決定し,授業内容の精選が求められている。

そこで,これからの情報教育ならびに情報科教育の発展と充実に向けて,どのような内容をどのように教えていくことが望ましいのか,新しい学習指導要領の円滑な実施に向けてどのように取り組んでいけばよいかを,カリキュラム・マネジメントや教科横断的学習といったキーワードも含めて,第15回全国大会で議論できれば幸いである。

日程概要

日程概要(2022年5月27日 更新)

研究発表プログラム

準備中

参加申込

※ 参加申込および参加費振込の期限:2022年6月17日(金)

※ 会員様で,年会費未納がある場合は,未納分を必ず事前に年会費専用口座にお振込みください.
全国大会用の口座とは異なります.また,年会費は全国大会受付で現金での納入はできません.
年会費納入状況や年会費専用口座については、学会事務局にお問い合わせください。

※ 本大会は,現地会場での対面開催とします(新型コロナウイルス感染が急速に拡大した場合はオンライン開催に切り替え).発表者および参加者は,大阪学院大学までお越しください.

大会参加費

会員種別大会参加費備考
正会員2,500 円(当日 3,000円)初等中等教員 1,500 円(当日2,000円)
学生会員500 円(当日 1,000円)
協賛会員2,500 円(当日 3,000円)
非会員3,500 円(当日 4,000円)

発表申込・原稿アップロード

発表申込・原稿アップロードについてご案内します。
  1. 申込期限

    • 発表申込および原稿提出の期限:5月31日(火)
    • 参加申込および振込の期限:6月17日(金)
  2. 発表申込の注意事項

    1. 発表内容は,未発表のものとし,当委員会により認められたものとします。
    2. 発表のテーマは,情報科教育に関わるものとします。
    3. 登壇者は,本学会の正会員または学生会員であることが必要となっております.(連名の発表者はその限りではございません).会員でない方は以下から入会の手続きをお願い致します.
    4. 発表(研究発表・ポスター発表・デモンストレーション発表)の申込方法は,本学会全国大会 Web サイトからのみとなります。
    5. 研究内容を 2ページ の講演論文として作成・投稿頂きます(必須項目)。
    6. 本大会は,現地会場での対面開催とします(新型コロナウイルス感染が急速に拡大した場合はオンライン開催に切り替え).発表者および参加者は,大阪学院大学までお越しください.
  3. 原稿テンプレート

    原稿作成に当たっては,原稿テンプレートファイルをダウンロードし、ご利用ください。

  4. 発表申込・原稿アップロード

    発表申込には,事前に参加申込が必要です。

    下記のサイトにログインのうえ,参加申込・発表申込・原稿アップロードを行ってください。

新型コロナウイルス感染防止の観点から中止

企業展示・広告申込

企業展示・広告費

会員/非会員企業セッション ※1HPへのバナー広告 ※2
協賛会員10,000 円無料
非会員20,000 円20,000 円

※1 初日の基調講演の後に企業セッションとして発表枠を設定します。
※2 バナー広告を載せます。

広告・協賛金・企業展示申込書

全国大会企画委員会

会長 西野和典(太成学院大学)

委員長 浅羽 修丈(北九州市立大学)
副委員長 梅田 恭子(愛知教育大学)

委員
池田 勇(植木保育園)
井手 広康 (愛知県立小牧高等学校)
北野 堅司(東百舌鳥高等学校)
小松川 浩(公立千歳科学技術大学)
齋藤 実 (大宮高等学校)
坂田 圭司(東海大学)
砂原 悟(公立千歳科学技術大学)
鷹岡 亮(山口大学)
尋木 信一(有明工業高等専門学校)
西田 知博(大阪学院大学)
長谷川 理(武蔵野大学)
森本 康彦(東京学芸大学)
山川 広人(公立千歳科学技術大学)

 

現地実行委員会

実行委員長 武村 泰宏
副実行委員長 西田 知博
副実行委員長 稲川 孝司
副実行委員長 佐藤万寿美
事務局長 北野 堅司
会計 松本 宗久

委員
米田 謙三
坂井 貴行
竹中 章勝
横山 成彦
岩井 憲一